UPSソリューションズ株式会社
ソフトウェア/FreeBSD対応フリーソフト

関連リンク:
ソフト本体 ダウンロード
対応UPS mini 035HS Hyper Hyper-Pro
近似製品 Linuxフリーソフト MacOSXフリーソフト
QNXフリーソフト Linux・Networkフリーソフト
BPSPOC FeliSafe MacSafe
Advanced NW ボード・SNMP/Webボード

FreeBSD対応フリーソフトウェア
後継機種:Advanced NW ボード

FreeBSD対応フリーソフトウェアは、
miniシリーズ035HSHyperシリーズHyper-Proシリーズ 対応の、
接点信号による簡易シャットダウンソフトです。
フリーソフトのためローコストでバックアップができます。
※このソフトの著作権は、(株)ユタカ電機製作所にあります。
UPSS−Oサービス対応
接続調整・ソフトインストール作業を承ります。お問い合わせ下さい
 
1.はじめに
このソフトはフリーソフトです。本ソフトの全ての機能を保証するものではありません。
本ソフトを使用して発生した直接的、間接的障害、損傷などに関して、
UPSソリューションズ株式会社および(株)ユタカ電機製作所は一切の責任を追いません。
また,本ソフトの問合せは,e-mailでのみ受付いたします。電話,FAXでは一切お受けいたしません。

2.動作概要
UPSの動作の基本は停電時、復電時、バッテリ容量低下時(バッテリー限界)、UPS停止の4つです。
それぞれの動作について以下に説明します。
(1)停電時
商用電源からの電力供給がなくなると、UPSはバッテリからAC電源を供給します。
その時にUPSの停電信号ピンからRS232CレベルのHigh(+3V〜+15V)信号が供給され、
これをUPS監視デーモンが検出し、停電処理を行うスクリプトファイルを起動します。
デフォルトでは5分後にシャットダウンするように設定しています。
(2)復電時
停電状態から設定時間内(デフォルト:5分)に商用電源からの電力供給が再開した場合、
UPSはバッテリ運転から商用電源運転に切り替わります。その時にUPSの停電信号ピンを
平常動作のLOW信号切り替えます。これをUPS監視デーモンが検出し、停電処理をキャンセル
するスクリプトファイルを起動します。
(3)バッテリ容量低下時
バッテリの端子電圧が低下した場合(バッテリ残量が少ない場合またはバッテリ寿命になった場合)
UPSのバッテリ容量低下信号ピンからからRS232CレベルのHigh(+3V〜+15V)信号が供給され、
これをUPS監視デーモンが検出し、システムを停止するスクリプトファイルを起動します。
(4)UPS停止
システム停止後にUPSの稼動を継続すると、バッテリの過放電が行われ、バッテリ寿命に対して
ダメージを与えます。また、UPSが再起動した場合に再び停電があった場合にバッテリ運転が
できずに、AC出力が途絶えてしまうことになります。従って本ソフトではシャットダウン時にUPSの
UPS停止信号に4.5秒間継続してRS232CレベルのHigh(+3V〜+15V)信号を供給することで、
約1分後にUPS出力を停止するようにしています。
3.接続ケーブルについて
下記のようなケーブルで接続をお願いします。
また弊社で販売しております  Signalケーブルでもご使用になれます。
尚、miniシリーズでは同梱されているケーブルがご使用頂けます。
HyperULシリーズ>
UPS側(DSUB9P オス)
 
PC側(DSUB9P メス)
 
停電信号 2・ −−−−−−−−−−> ・8 CTS  
バッテリ容量低下信号 5・ −−−−−−−−−−> ・1 DCD  
UPS停止信号 8・ <−−−−−−−−−− ・4 DTR  
COM 4・ <−−−−−−−−−− ・7 RTS  
GND 7・ −−−−−−−−−−− ・5 GND  
Hyper-ProHyperSシリーズ>
UPS側(DSUB9P オス)
 
PC側(DSUB9P メス)
 
停電信号 2・ −−−−−−−−−−> ・8 CTS
バッテリ容量低下信号 4・ −−−−−−−−−−> ・1 DCD
UPS停止信号 7・ <−−−−−−−−−− ・4 DTR
COM 1・ <−−−−−−−−−− ・7 RTS
GND 8・ −−−−−−−−−−− ・5 GND


4.インストールおよび設定

4.1.パッケージの入手

ここからダウンロードしてください

4.2.インストール方法
(1)rootでログインしてください。

(2)yec_bsd.tgz/tmpに移動して展開します。
cd /tmp
tar xvzf yec_bsd.tgz


(3)停電待ち時間を設定し、コンパイルおよびインストールします。
cd usvdbsd-2.0.0

※デフォルトでは5分後にシャットダウンするように設定してありますが、
usvd.cファイルの/*backuptime set. 1count is 1sec*/の下の
Sleep(300);
の数字300を変更することで停電後 のOSシャットダウン開始時間を変更できます。
時間は秒単位です。

make
make install

(4)UPSが接続されているシリアルポートデバイスのリンクを張ります。
ln -s /dev/cuaa0 /dev/usv
(com1の場合、com2の場合はcuaa1

(5)スクリプトファイルのコピーをします。
cd /etc
mkdir usvd
cd usvd
cp -i /tmp/usvdbsd-2.0.0/etc/* ./


5.動作テスト

接続ケーブルをUPS(signalポート)とPC(設定したポート)に接続します。
UPSのAC出力には、安全のためコンピュータの電源は接続せず、
ダミー負荷となる蛍光燈などをつないでください。
その後、PCをrebootしてください。
次にUPSのAC入力ケーブルを抜き、約5分後にシャトダウンし、
それから約1分後にUPSのAC出力が停止することが確認できれば、動作確認完了です。

システムをダウンしてPCおよびUPSの電源を切った状態で、
UPSのAC出力よりPCの電源をとるように、接続しなおしてください。
そしてUPSおよびPCの電源を立ち上げてください。

以上でUPSの接続は完了です。


<参考まで>
※フロップのマウント例:mount -t msdos /dev/fd0 /mnt
※CDROMのマウント例:mount /cdrom
       
関連リンク:
ソフト本体 ダウンロード
対応UPS mini 035HS Hyper Hyper-Pro
近似製品 Linuxフリーソフト MacOSXフリーソフト
QNXフリーソフト Linux・Networkフリーソフト
BPSPOC FeliSafe MacSafe
Advanced NW ボード・SNMP/Webボード

TOPソフトウェア/FreeBSD対応フリーソフト