UPSソリューションズ

UPSソリューションズ株式会社

サイトマップ

トップページ ソリューション 製品紹介 サービス一覧 ダウンロード 会社案内 サポート・FAQ お問い合せ

ソリューション事例
トップページ > ソリューション事例 > 計画停電対策 予定された停電に対応する

計画停電対策 予定された停電に対応する


瞬間的・突発的な停電はUPSで対処できますが、ビルの法定点検、工事・電力調整などによる計画停電のような、あらかじめ時間が判っている長時間の停電には、下記のような対処法により、円滑な電源管理が可能となります。
ご要望に合わせてソリューションをお選び下さい。

レベル1・事前に遠隔地からシャットダウンする

リモートオン・オフ・シャットダウン

レベル2:スケジュールレベル3:発電車サービスレベル4:長時間UPS・発電機
Advanced NW ボード従来は計画停電が発生する前に現地に赴き、手動でコンピュータをシャットダウンして電源を切り、停電終了後にまた手動で立ち上げる必要がありました。

Advanced NW ボード・SNMP/WebボードLAN I/F カードなどネットワーク対応UPS製品を導入すれば、計画停電が発生する前にネットワーク経由でにログインし、リモートからサーバシャットダウン・電源オフなどを行います。

停電が始まる前に現地に行く必要が無く、

コスト・手間を低減できます。

UPSS-RDBoxサーバ・PCの場合、リモートからシャットダウンは出来ても
電源オンすることは困難です。
ネットワーク機能付きUPSの場合、UPSの出力が停止していても
ファームウェアは稼働しているので、

リモートからの電源オンも可能です。


また UPSS-RDBoxシリーズなどの電源管理ユニットを使用すれば、
各コンセントを個別にオン・オフしたり、一括制御の際、オン・オフの順番に
時間差を付けるなど、より高度な電源運用が可能になります。
関連製品
UPSS-SP/UPSS-HP/UPSS-Hシリーズ+Advanced NW ボード・SNMP/Webボード
UPSS-A2/UPSS-X2シリーズ+LAN I/F カード
UPSS-RDBoxシリーズ


レベル2・自動運転でオン・オフ・シャットダウンを行う

スケジュール運転

レベル1:リモートオン・オフレベル3:発電車サービスレベル4:長時間UPS・発電機

BPSPOCレベル1の方法では、
BPSPOCSANUPS SOFTWAREなど、UPS管理ソフトにはスケジュール機能を持ったものがあります。
電源オフ・オンの日時を指定しておけば、シャットダウンも連動して自動的に運転するので、
計画停電当日には 作業の必要がありません。



またAdvanced NW ボード・SNMP/WebボードLAN I/F カード
 カード内にスケジュールを 記憶させることができるので、
独自OSサーバ、ネットワーク機器など
ソフトのインストールできない機器もスケジュール運転可能
です。

関連製品
UPSS-SS/035HS/UPSS-SP/UPSS-HP/UPSS-Hシリーズ+BPSPOCFeliSafe
UPSS-SP/UPSS-HP/UPSS-Hシリーズシリーズ+Advanced NW ボード・SNMP/Webボード
UPSS-A2/UPSS-X2シリーズ+LAN I/F カード/SANUPS SOFTWARE
UPSS-RDBoxシリーズ


レベル3・計画停電の間給電する

発電車サービスを使用する

レベル1:リモートオン・オフレベル2:スケジュールレベル4:長時間UPS・発電機
発電車レベル1レベル2とも、事前にUPSを停止する方法であるため、
計画停電当日も電気を供給したい場合には対応できません。

(Webサーバなど止めたくない機器がある、土日も営業している、
海外の支社などと休日も通信している、など)

上記ニーズを解決するのが発電車サービスです。
計画停電の間、移動電源車を貸し出して電源を供給することができ、

低コストで常時と変わらない環境で機器を使用できます。

切替Box低騒音・コンパクト設計のため、
駐車スペースのみで、特別な施設は必要ありません。

また、あらかじめ切替Box を導入していれば、発電車への切替時間は
ごく短時間で済むため、UPSにより切替の間だけバックアップすることにより
ノンストップで商用←→非常用電源をスイッチすることができます。
関連製品
発電車サービス 切替Box


レベル4・突発的な長時間停電もバックアップする

長時間UPS・発電機の導入

レベル1:リモートオン・オフレベル2:スケジュールレベル3: 発電車サービス
発電機レベル3の長時間バックアップを、計画停電の時だけではなく
突発的な停電の際も実現する場合には、発電機を常設する必要があります。

発電機は容量・騒音レベル等により様々な機種を選べます。
また停電を検出して自動運転し、復電時に自動停止する機能があるため、
瞬低対策のUPSと組み合わせれば、全自動での運用が可能です。

発電機を導入するほどのスペース・予算が取れない場合は、
長時間タイプのUPS
があります。
バッテリを増設したり、低い負荷率で使用すると、
長時間のバックアップが可能となります。
バックアップ時間表をご参照の上、最適な機器選定をご相談下さい
関連製品
発電機
UPSS-SPシリーズ
DL9321・9351シリーズ
UPSS-A2/UPSS-X2シリーズ
このソリューションに関するお問い合わせはお問い合わせフォームまたは 03-5833-4061 までどうぞ。





トップページソリューション製品紹介サービス一覧ダウンロード会社案内サポート・FAQお問い合せ旧機種アーカイブサイトマップ
Copyright © 2002-2011 UPS Solutions, All rights reserved.