UPS Solutions

COMPANY会社案内

代表メッセージ

電源ソリューションで付加価値を創造
「ありがとう」と言われ続ける企業を実現していきます。

お客様に必要とされる会社になりなさい――。先代代表が何度も諭し聞かせたそのフレーズは、1994年の創業以来、一貫してUPSソリューションズを貫く経営指針・企業哲学であると同時に、私を含む社員全員を突き動かす原動力になっています。

クライアントの皆様が構築されるシステム全体において、電源保守の優先順位は決して高くは見積もられません。システムを構築する目的は多くの場合、利益や効率を高めること。そのため、“セーフティーネット”とも言うべき電源の保全やバックアップは、副次的なものと認識されてしまうのです。内部にネットワークやシステム管理者を多く配置できない何かしらの事情があるケースでは、なおさら電源環境の構築・保守・点検が後回しにされてしまうことも少なくありません。

不測の事態が起こると大きな損失を生むが、なかなか腰を据えて対応できない――。そのような事情が、クライアントの皆様のシステムと電源を取り巻いた大きな課題のひとつなっています。さらに、ICT技術が発展を遂げるにしたがい、電源に関する膨大な知見やノウハウが現場に必要とされるようになったという状況が、その課題をより複雑にしています。そんな時代だからこそ、UPSソリューションズが新たな価値を提供できるのではないか。そう私どもは確信しています。

日々進化するIT技術やUPSの動向をキャッチアップし、我々にしか生み出せない付加価値を提供すること。そして、企業、省庁、教育機関など、社会インフラのバックアップを安心・確実に行うこと。それが、弊社のミッションだと考えています。

「ありがとう」「助かった」。そうお客様からお声がけいただいた時、自分たちが想像していた以上の価値を提供できていると実感し、大きなやりがいや喜びを感じます。今後も常に、人に必要とされる会社であり続けるため、研鑽を積んでまいります。皆様におかれましては厳しいご指導・ご鞭撻ともに、一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

UPSソリューションズ株式会社
代表取締役社長 南 竜也UPSS/Shutdown/Solution